治療例

[症例・顔面の皮膚病]

30歳代の女性。病名は不明です。

顔一面に赤みの発疹と痒みがあり、改善したいとのこと。
治療を重ねるたびに発疹は改善していきまして、すっかり綺麗な肌に回復しました。
皮膚病は常在菌の問題があるようでして、脳内の除菌と顔面を支配する神経の治療が功を奏しました。

[症例・トレット症候群]

6歳のおんなの子。トレット症候群。

まばたき、首振り、手足が勝手に動く、舌を鳴らす、舌を出す・・・など、様々な身体の不随運動が起こる難治性疾患です。現代医学では、大脳辺縁系の発達の問題やドーパミンの分泌の不足が言われているようですが、根本的な治療法がないのが現状です。3年の間ときたま来院され、現在は瞬きが少々残る程度で他の症状はほぼ改善しています。

[症例・解離性障害]

30歳代の女性。解離性障害。

自分が自分であることの感覚が希薄であり、空間との境界線が曖昧であると言う。
気が上昇する感覚があり、頭痛やめまいなど、心が苦しいと。
背後の共鳴を絶たせ、脳と脊髄の治療で感覚が穏やかとなり現実感を取り戻す。不定愁訴も解消に向かう。
根本的にこのような症状を解決するには、心の安定と物事に対する見方を変えていくことが大切です。
気持ちの持ち方が、とても大切となります。

[症例・自閉症]

5歳の男児。自閉症スペクトラム、脳障害。

言葉が話せない。情緒不安定。知的障害のため、理解や認識の発達が遅れている。
2年前から月に2回の遠隔治療を行っています。
周囲に溶け込むことが可能となり、このところ盛んに言葉を発するようになりまして、物事に対する理解力も向上しています。排尿障害も改善しましたが、発語に関して言葉を理解する脳の領域に問題が大きいため、今後の課題です。

[症例・老化による歩行困難]

18歳の芝犬。

18歳と言えば、人間では85歳くらいでしょうか。遠隔治療です。
数年前から後ろ足を引きずるようになり、坂道の散歩が困難となる。
医師の診断では、僧帽弁不全形成症で腎臓や肝臓の機能低下があるとのこと。
医師によると、老化現象であるとのこと。
月に2回程度の遠隔での治療を始めまして、8ヶ月後には坂道も歩けるくらいに回復しました。
飼い主さんの話では、毛並みもよくなり、目の輝きも違ってきたと言う。
生命の働きには本当は、凄いものがあるのだと思います。

[症例・歩行障害]

70歳代の男性。

数年前から、歩行に困難が生じている。
ふらつきや歩行時の不安定があり、長時間の歩行は困難であると言う。
波動診断では、ヘルニアと腰髄に問題がありまして、脊髄とそれに関連する脳の治療を行うことで、次第に歩行が楽になっています。身体の各組織や内蔵・器官の中枢は脳にありますので、症状の筋肉や神経などの機能低下を改善するには、脳と脊髄の治療が必須です。

[症例・重症の椎間板ヘルニア]

50代の男性。

MRIやレントゲンでは異常がないのですが、いつまでも腰から右足の痛みが改善しないと言う。
腰椎の神経圧迫と微細なヘルニアを改善し、膝から下の関節の歪みを調整することで、症状はかなり消失しました。このような、長年に及ぶ足腰の痛みや痺れなどを改善するには根気がいりますが、ご本人の病気に対する取り組み方次第で、劇的に改善に向かうことでしょう。

[症例・アトピー性皮膚炎]

30歳代の女性。

アトピー性皮膚炎で慢性的に悪化しているものは改善に時間がかかりますが、これは劇的に改善した症例です。顔面全体がアトピー特有の赤みがあり、皮膚は丘疹や糜爛しています。一回の治療でかなり赤みが薄れ、見た目で丘疹や糜爛した皮膚は穏やかな皮膚へと変わっていくのには、私自身も驚きでした。
その後の数回の治療で症状は、ほぼ改善しました。