医療透視・気診とは

体のどこかに異常があると、その細胞は正常とは異なった波動を出しています。
医療透視や気診とは、体が発する微細な信号をキャッチすることで体内の異常を診断するものです。

MRIやエコーのような医療検査機器でも見つけることのできない些細な異常個所も、気診によって検出することが可能です。

たとえば、坐骨神経痛のヘルニアの正確な場所と突出の程度。脳内の血管や血流の状態。内臓器官の腫瘍やガンの診断とその発生場所。微細骨折、ウイルスや細菌の診断まで可能です。

当然、それら難症の疾患の治療も可能となります。正確な診断があってこそ、正しい治療が行えるのです。